スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『働かないって、ワクワクしない?』アーニー・J・ゼリンスキー

4899760647働かないって、ワクワクしない?
Ernie J. Zelinski 三橋 由希子
ヴォイス 2003-09-01




最初に題名を見たときには「働かない?
でもワクワクする?ってどんな本だ!」
と思って読んでみました。

働かないことを推奨する本かと思っていましたが
そうではなく豊かな人生を送るための
自由時間の活用法といつも自分たちが
当たり前にただ働いている日々に
価値観の転換を示した本となっています。

内容人生に「満足」をもたらすのは、高い収入でもモノでもない。「自由な時間」を多く持っている人こそが、ほんとうの「豊かな人」。より多くお金をかせぐことより、自分のために時間を使うことを選択したダウン・シスターたちのスローな生き方のすすめ。世の中で「もっとも危険な本」!


応援クリックありがとうございます
目次第一章 あなたも、のんきで気楽な生活ができる
第二章 ものの見方が生き方を変える
第三章 仕事人間は奴隷と同じ
第四章 あまり働かないことは健康にいい
第五章 失業―自分がどんな人間かを知る真のテスト
第六章 私を退屈させているのはこの私
第七章 誰かがおこした火で温まるのではなく、自分で火をおこそう
第八章 受身の活動だけでは何も得られない
第九章 禅の教え―今この瞬間に生きよ
第十章 くだらない仲間といるよりひとりになれ
第十一章 優雅な生活に大金はいらない
第十二章 終わりは、今、始まったばかり


~要約・ポイント~

自由時間の定義とは何か?

自由時間は人によって違うものを意味する。しかし、ゆるやかに定義を決めるとすれうば、仕事から離れて、自分が好きなことをして過ごす時間だと言えるだろう。個人的な二ーズに応じて、仕事と自由時間をどう定義するかは、私たち一人ひとりの責任だ。また、自由時間に何をしたいかを決めるのも、個人の責任である。もちろん、何をしたいかを決め、それを実際にやるのも自分自身だ。だが、やりたいと思ったことを実際にやるのは、意外に難しい。(中略)奇妙に聞こえるかもしれないが、実り多い自由時間を過ごすためには「積極的に努力すること」が必要なのだ。

満ち足りた人生を送るための三つの秘密

1.看よ
2.看よ
3.看よ
「看る」とは「注意深く見る」ことだ。クリエイティブな人々は自分の周りの世界を注意深く見るため、人生における多くのチャンスに気づく。(中略)満ち足りた人生を送りたいなら、注意深く見る方法を学ぶことだ。プラス思考をするためには、新しいことに自分の心と意識を集中させる。また、よく知っていることについても、新しいやり方でそれを見直す方法を考え出す。


あなたの使命は何?

成功した人が幸福なのは、自分の使命を持っているからだ。(中略)人生において重要な使命を持つことは、真に生きていることを意味する。使命があれば、毎朝、これからの一日に興奮と情熱を感じるだろう。(中略)自分の使命を見つけ、情熱をもってそれを追及することに時間と努力を使えば、あなたの人生はもっと実り多いものになる。

バランスの取れたライフスタイルを送る

睡眠時間を除いた一日の四分の一には何の予定もいれてはいけない。自分自身を知り、育てるための時間を十分取ること。配偶者や子ども、仕事のために、スポーツや旅行などの活動を後回しにすることは間違っている。自由時間の活動は、その価値があるなら、いつでも生活のどこかに組み込むことができる。クリエイティブでのんびりできる時間を人生から締め出してはならない。自由時間に味わった楽しい思いは、仕事の時間にも引き継がれる。あなたがリラックスしていれば、仕事ももっと楽しくなるだろう。

退屈の本当の原因

誰もが皆、人生において時に退屈を覚える。皮肉なことに、努力を重ねてやっと手に入れたことでも、やがては退屈なものになる。(中略)心理学者によると、退屈にはいくつかの原因がある。以下は、その主なものである。
・満たされない期待
・やりがいのない仕事
・運動不足
・いつも傍観者である
・めったに参加者にならない
では、こう問いかけてみよう。運動不足の責任は誰?期待が見たされない責任は誰?(中略)つまり、私たちが退屈することの究極の責任者は私たちだ。退屈するのがいやなら、自分の人生をもっとおもしろいものにしなくてはいけない。(中略)退屈を解消するには、自分で進んで責任を負い、行動を起こすしかない。行動し始めたら、もう退屈は問題ではなくなる。


仕事と自由時間の論理は同じ

自由時間に幸福であることの理由と、仕事で幸福であることの理由はあまり違わない。幸福の基盤は満足感だ。仕事でも自由時間でも、満足感を得るためにお金の存在は関係がない。満足感は、私たちがどれほどモチベーションを高められるか、また、活動する中でどれほど目標を達成できるかによって決まる。

お金に振り回されるな

お金が多ければ多いほど幸福になれるわけではない。お金を稼ぐためだけに必至で働くのは、絶望的な行為だ。求めるものが幸福であろうと、お金であろうと、それを追いかけ回すと、かえって逃がしてしまうことになる。この章の最初の方に述べたように、「お金をたくさん稼がねば」という思いにとらわれることをやめ、自分が楽しめることを始めよう。その活動から、お金に替えられない満足や楽しみが得られる。そして、不思議なことに、お金に固執することをやめれば、自然にお金も入ってくるのものだ。


感想

私たちは当たり前のように毎日仕事をし
生活をしています。それが常識的であり
普通のこと当り前のこと、そう教わりました。

しかしなぜそう思うのでしょうか?
いつのまにか小さいころから働くことはいいこと
教え込まれた価値観が常識から外れることは
いけないことだと思うようになっています。

仕事以外の時間も仕事のことを考え
仕事以外の自由時間も自由ではなく
明日の仕事のために休む休日、
いつのまにか自由な時間の過ごし方も忘れており
そんな現代人に自由時間の過ごし方を提唱する本です。

自由時間を得るためには心構えが必要であり
人生と自由時間に対するプラス思考を育て
それを維持する方法が本書では紹介されています。

本書の中におもしろい質問がありました。
あなたは誰ですか?
こう問いかけられると働いている人の
ほぼ全員が職業を書くそうです。
どれだけ仕事が常に意識の中心にあるかがわかります。

もちろん、仕事は大切です。
しかし自分の仕事に完全に没頭してるのではない限り
仕事はアイデンティティの小さな一部分にして
もっと自分自身のために時間を作り
人生を楽しむことが必要だと感じました。

人は自分がしたいことを世の中の忙しさの中から
後回しにし、いつのまにか時間だけが経過して
したいことができなくなってしまうものです。

しかし本当にしたいことがあれば今動くべき
」は今この瞬間しかないことを忘れてはいけない
改めて実感させられました。

そして大切なことは幸せをゴールにしないこと
幸福はゴールを達成する過程で生まれるもので
ゴールそのものではないと書かれてあります。

幸せ幸せと追い求めるのではなく一日一日、
今この瞬間に幸せを感じて生きていきたい
もっと自分のやりたいと思うことを実行していきたい
心からそう思える本でした。


今日から実践すること

睡眠時間を除いた一日の四分の一には予定を入れない

自由時間を満喫させるためやりたいことを一つずつ実行し努力する

働かないって、ワクワクしない?
働かないって、ワクワクしない?Ernie J. Zelinski 三橋 由希子

おすすめ平均
stars自由時間と人生をクリエイティブなものにするために
stars今の生活に疑問や不満を感じてる方へ
stars自由を楽しむために
stars一生懸命に働いてきた人々への大讃歌
starsやられました

Amazonで詳しく見る



下記のサイトでたくさんの書評や感想を掲載されています。
本・読書ブログランキングにほんブログ村 本ブログ 書評・レビュー書評・レビューランキング
最後までご覧いただきありがとうございました

*自己啓発本・成功本読破 10冊目 です。
  目標 100冊!!

theme : 自己啓発本・成功本
genre : ビジネス

comment

Secret

プロフィール

月心

Author:月心
大の本嫌いで子供の頃からまったく本を読まなかったのですが、

・うじうじ悩む自分から変わりたい!!
・幸せになりたい!!
・お金持ちになりたい!!

との思いから自己啓発本・成功本をまず100冊読むことにチャレンジ!!読んだ本の感想、そして書かれた内容を実行していきます!!
お勧めの本があれば是非教えてください☆

カテゴリ
月別アーカイブ
blog内&アマゾン検索フォーム


amazon
アクセスランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
☆ブログランキング参加中☆
人気ブログランキング
banner_21.gif
本ブログランキング にほんブログ村 本ブログ
最新記事
最新コメント
RSSリンク登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
Subscribe with Bloglines
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加
QRコード
QRコード
広告リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。